受動的ターゲティング(Passive Targeting)

ターゲティングDDS

受動的ターゲティング(Passive Targeting)

ターゲティングの種類

種類概要製剤例
受動的ターゲティング     薬物の血管透過性や異物処理機構など標的組織が有する特徴を利用して、粒子径や親水・疎水性などの物理化学的性質の制御により、薬物を特定の部位に選択的に届ける方法低分子プロドラッグ、高分子化プロドラッグ、 ポリエチレングリコール(PEG)修飾、高分子ミセル、 リポソーム、 リピッドマイクロスフェア、 マイクロカプセル、 シクロデキストリン、デンドリマー、フラーレン、カーボンナノチューブ、グラフェン、メソポーラスシリカナノ粒子、金ナノ粒子、銀ナノ粒子、 マグネタイトナノ粒子、 蛍光ナノ粒子など
能動的ターゲティングリガンド(糖、ホルモン、ペプチド)、受容体、抗体などの分子認識機能を付与することで、特定の部位(標的組織・細胞・細胞内小器官)に選択的に薬物を届ける方法抗体、糖結合、 ホルモン結合、 受容体結合、 抗体-薬物複合体(ADC)、融合タンパク質など
逆ターゲティング(1)薬物が副作用発現部位への移行を回避すること受動的ターゲティング及び能動的ターゲティング技術を利用した製剤
逆ターゲティング(2)薬物キャリアを積極的に標的細胞に認識させて薬物送達を行う戦略抗原を修飾したリポソーム:抗原を認識する抗体を表面に有する免疫細胞(B細胞等)
局所ターゲティング病気の部位またはその近傍に薬剤を直接投与する方法局所投与(経鼻、経耳、経肺、経眼、経直腸、経皮、腫瘍内、脳室内、動脈内、経肝動脈、化学塞栓療法、薬剤溶解ステント(DESなど)
プレターゲティングまずがん細胞をストレプトアビジン抗体で正確にイメージングし、次に抗体を認識するビオチン修飾低分子放射性物質を投与し、ターゲティングする方法ストレプトアビジン修飾抗体、アビジン修飾放射性物質、アビジン修飾抗癌剤

受動的ターゲティング(Passive Targeting)

代表的な受動的ターゲティング製剤

DDS薬物商品名主な標的部位主な適応症
リポソーム/PDT療法ベルテポルフィンビスダイン眼の新生血管加齢黄斑変性症
リポソームアムホテリシンBアンビソーム真菌感染組織真菌症
PEGリポソームドキソルビシンドキシル卵巣癌卵巣癌
PEGリポソームイリノテカン塩酸塩水和物オニバイド膵癌膵癌
リピッドマイクロスフェアデキサメタゾンパルミテートリメタゾン関節リウマチ(炎症部位)関節リウマチ
リピッドマイクロスフェアアルプロスタジル(プロスタグランジンE1リプル/パルクス動脈炎症部位慢性動脈閉塞症、疼痛や皮膚潰瘍の改善など
PEG化タンパク質アデノシンデアミナーゼアダジェンリンパ球(T細胞、B細胞、NK細胞)重症複合免疫不全症
PEG化タンパク質エラペグアデマーゼレブコビリンパ球(T細胞、B細胞、NK細胞)重症複合免疫不全症
PEG化タンパク質インターフェロン α (IFNa-2a, 2b)ペガシス/
ペグイントロン
肝臓C型肝炎
糖鎖修飾タンパク質ダルベポエチン アルファ(エリスロポエチン)ネスプ造血組織腎性貧血、骨髄異形成症候群に伴う貧血
PEG化抗体セルトリズマブ
ペゴル
シムジア関節リウマチ(炎症部位)関節リウマチ
リピオドリゼーションジノスタチン スチマラマースマンクス肝癌部位肝臓癌
リピオドリゼーションミリプラチンミリプラ肝癌部位肝臓癌
人血清アルブミン結合製剤パクリタキセルアブラキサン固形癌部位乳癌、胃癌、非小細胞肺癌、治癒切除不能な膵癌
高分子ミセルシスプラチンNC-6004(治験中)頭頸部癌部位頭頸部癌
融合タンパク質:ヒトIgG Fc領域エタネルセプトエンブレル関節リウマチ部位既存治療で効果不十分な関節リウマチ
融合タンパク質:ヒトIgG Fc領域アバタセプトオレンシア関節リウマチ部位既存治療で効果不十分な関節リウマチ
融合タンパク質:ヒトIgG Fc領域アフリベルセプトアイリーア眼の新生血管など(硝子体内投与)中心窩下脈絡膜新生血管を伴う加齢黄斑変性、網膜静脈閉塞症に伴う黄斑浮腫など

参考資料

1.清水広介、逆標的化 DDS:新概念の標的化 DDS による免疫疾患治療、薬剤学, 78 (2), 56-61 (2018).

2.橋田 充、髙倉喜信、図解で学ぶDDS第2版、じほう

3.永井恒司、DDSの基礎と開発、CMCテクニカルライブラリー217、シーエムシー出版

参考ウェブサイト

1.分子設計抗体プロジェクト、プレターゲティング療法 http://www.mdadd.org/element/

コメント

スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました