製剤からの薬物放出制御法

放出制御DDS

製剤からの薬物放出制御法

経口放出制御(コントロールドリリース)製剤

1950年~1980年ごろ 1980年~2010年ごろ 2010年~2040年
ベイシック放出制御

スマートデリバリーシステム

モジュレイティッド放出

デリバリーシステムの物理化学的特性の制御に成功 生物学的障壁の克服 物理化学的及び生物学的障壁の両者を克服

放出制御(コントロールドリリース)製剤の放出制御法

製剤からの薬物放出を制御する方法として、膜透過制御型、マトリックス型、イオン交換樹脂型、浸透圧ポンプ型、刺激応答型、デバイス制御型、細胞制御型などが知られている。しかし、デバイス制御型及び細胞制御型という用語はまだ確立していない。

放出制御法 膜・基剤・デバイスなど 特徴
膜透過制御型(リザーバー型) 不溶性放出制御膜

難水溶性の高分子を放出制御膜として利用して、薬物の放出速度を制御

0次速度で薬物を放出

水溶性放出制御膜 水溶性高分子を放出制御膜として利用して、薬物の放出速度を制御
マトリックス型 不溶性マトリックス型

生体内非分解性かつ難水溶性の高分子を利用

Higuchi式に従った薬物放出

膨潤性マトリックス型 水で膨潤してゲル化する高分子を利用
崩壊性マトリックス型

生体内分解性の高分子を利用

Korsmeyer-Peppas モデルに従った薬物放出

イオン交換樹脂(レジネート)型 イオン交換樹脂

イオン性薬物をイオン交換樹脂にイオン結合で吸着させ、消化管のイオンと徐々にイオン交換され、薬物が徐放出される。

浸透圧ポンプ型 半透膜

浸透圧を利用して、薬物の放出速度を制御

0次速度で薬物放出

刺激応答型 内部刺激(pH、酵素、酸素など)応答型基剤 内部刺激を利用して、刺激応答的に薬物を放出
外部刺激(温度、光、超音波など)応答型基剤 内部刺激を利用して、刺激応答的に薬物を放出
デバイス制御型 ポンプなど インスリンポンプ(ミニメド 640G システム、メディセーフウィズ)の例のようにデバイスによって薬の放出を制御
細胞制御型 細胞、細胞膜 正常細胞、遺伝子導入細胞、細菌細胞、細胞膜をコーティングした製剤などから有効成分(薬物)を刺激応答的に放出

参考資料

1. YH Yun, BK Lee, and K Park, Controlled Drug Delivery: Historical perspective for the next generation, J Control Release. 219: 2–7 (2015).

2. 図解で学ぶDDS第2版、橋田充監修、髙倉喜信編集、じほう(2016)

3. 新・ドラッグデリバリーシステム、シーエムシー 、永井恒司(2000)

4. 最新製剤学第4版、竹内洋文・有馬英俊・平山文俊・山本浩充編集、廣川書店(2016)

5. 臨床製剤学改訂第4版、三嶋基弘・内田亨弘・平井正巳・川嵜博文編集、南江堂(2017)

コメント

スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました