高分子修飾タンパク質

ターゲティングDDS

ポリエチレングリコール(PEG)

PEGは、エチレングリコール反復単位から構成される化学化合物である。一般にPEGはPEO(ポリエチレンオキシド)やPOE(ポリオキシエチレン) としても知られる。通常、PEGは分子量の異なる混合物であり、その混合物の違いは、平均分子量として表記される。

PEGは一般に次のような特徴を有する。

  • 毒性及び免疫原性が低い。(ABC現象に注意が必要)
  • タンパク質やリポソームなどの薬物担体に結合すると、水溶性が上昇し、凝集性が低下する

PEG化タンパク質

タンパク質へのPEG修飾の変動要因

・PEG分子量、PEG修飾量、PEGとタンパク質間のスペーサーの種類(生分解性の有無)

・一般的なPEG化(Pegylation)の特性

長所短所
タンパク質の血中滞留性が向上
(腎排泄抑制、細網内皮系取込抑制)
タンパク質の活性が低下
タンパク質の抗原性が低下タンパク質のコンフォメーションが変化
タンパク質の水への溶解性が上昇
タンパク質の投与量の低下
タンパク質の皮下投与の場合、皮下組織から
生体内への吸収が緩やかで持続性を示す。

代表的なPEG化タンパク質

タンパク質一般名商品名PEG主な適用症
アデノシンデアミナーゼウシペグアデマーゼアダジェン
日本未承認    
アデノシンデアミナーゼ欠損症
アデノシンデアミナーゼエラペグアデマーゼレブコビ平均分子量約5.6kDaのPEG平均約13分子で化学修飾アデノシンデアミナーゼ欠損症
インターフェロンα-2aペグインターフェロン 
アルファ-2a
ペガシス平均分子量約40kDaの分枝型PEG1分子で化学修飾C型肝炎
インターフェロンα-2bペグインターフェロン 
アルファ-2b
ペグイントロン平均分子量約12kDa の一本鎖PEGで化学修飾C型肝炎
成長ホルモンペグビソマントソマバート平均分子量約5kDaのPEG平均約5分子で化学修飾成人成長ホルモン分泌不全症
エリスロポエチンエポエチン ベータ 
ペゴル
ミルセラ平均分子量約30kDa のPEG1分子で化学修飾腎性貧血
ヒト化抗TNF-α抗体セントリズマブ 
ペゴル
シムジア平均分子量約20kDa のPEG2分子で化学修飾関節リウマチ
顆粒球コロニー形成刺激因子
(G-CSF)
ペグフィルグラスチムジーラスタ平均分子量約20kDa のPEG1分子で化学修飾がん化学療法による発熱性好中球減少症の発症抑制
血液凝固第Ⅷ因子アナログルリオクトコグ 
アルファ ペゴル
アディノベイト平均分子量約20kDa のPEG2分子で化学修飾血液凝固第Ⅷ因子欠乏者における出血傾向の抑制
ヒト化抗抗腫瘍壊死因子(TNF)-α抗体Fab’断片セルトリズマブ ペゴルシムジア平均分子量約20kDa のPEG2分子で化学修飾関節リウマチ(関節の構造的損傷の防止を含む)     
・既存治療で効果不十分な
尋常性乾癬、関節症性乾癬、膿疱性乾癬、乾癬性紅皮症

糖鎖付加化エイスロポエチン

タンパク質一般名商品名糖鎖主な適用症
ヒトエリスロポエチンダルベポエチン
アルファ
ネスプ N-結合型糖鎖を2分子で化学修飾腎性貧血、骨髄異形成症候群に伴う貧血

【参考資料】

  • レブコビ添付文書
  • ペガシス添付文書
  • ペグイントロン添付文書
  • ソマバート添付文書
  • ミルセラ添付文書
  • シムジア添付文書
  • ジーラスタ添付文書
  • アディノベイト添付文書
  • シムジア添付文書
  • 図解で学ぶDDS 第2版、橋田充(監修)、高倉喜信(編集)、じほう (2016).
  • 進歩する薬物治療 DDS最前線 第2版、金尾義治、廣川書店(2010).

コメント

スポンサーリンク

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました