吸収促進DDS

吸収促進DDS

腸管に存在する特殊な細胞:パイエル板M細胞

腸管のリンパ組織の代表格であるパイエル板 (Peyer's Patches, PP)は、濾胞被蓋上皮(Follicle Associated Epithelium, FAE) に覆われ、そこには特殊な上皮細胞であるマイクロフォールド細胞(M細胞)が散在している
吸収促進DDS

膜透過バリアと酵素的バリアを克服した経口ペプチド製剤:経口セマグルチド錠

インスリンなどのタンパク質性薬物やオクトレオチドなどのペプチド性薬物は、消化管に存在する2つのバリアの存在により経口投与後の消化管吸収性(バイオアベイラビリティ)は極めて低いことが知ららている。そのため、タンパク質性薬物やペプチド性薬物は、一般に注射剤として投与されている。
吸収促進DDS

吸収改善技術

吸収改善とは、疎水性薬物の溶解性や親水性薬物や高分子量薬物の膜透過性を高め、分解・代謝を抑制することにより薬物の体循環への移行性を高めることである。ドラッグデリバリーシステム(DDS)分野では、一般に、溶解性改善に伴う吸収向上(広義のDDS)よりも、生体膜透過促進(狭義のDDS)を指すことが多く、血液脳関門(BBB)や消化管以外の粘膜の透過性改善も含む。
タイトルとURLをコピーしました